桑原コーポ、小道具アイデア 新感覚のちょっと不思議なワープの力で、お茶が垂れない、急須の液だれ防止、便利グッズ・・・魔法の小道具 新登場

RinkPage

リンク



J-TOKKYO「たれんぞ」の出願書類です。

特許庁ホームページ 特許の出願、及び、特許広報の閲覧など。

アイデアが浮かんだら、発明学会にご相談ください。

青森日曜発明学校 ← 焼き鳥のタレの話も有るょ。

  • 特許は、出さない方がよい場合もあります。特許に関心がある方は参考にして見て下さい。
    おもしろいかな、の記事抜粋 他にも面白いものあります。
    ・ コカコーラの飲料水は、特許を出願しておりません。ですから今でも模倣業者が生まれません。作り方がわからないからです。工場を分散して、従業員でも作り方がわからない。これが、企業の取るべき最良の方法、私は、これが製造方法の発明だと思います。特許を出願しないのも特許です。
    ・ 企業と発明家は、対等な立場で契約しなければいけません。
    企業は、資本・設備・営業などビジネスのノウハウを熟視しております。
     アイデアもあるなら業績はグングン上がり、町の発明家のアイデアなど必要ないのです。ところが、最近は、不況・不況と倒産件数が非常に多くなっています。原因は、お金以外にもヒット商品がなく、他と同じ物を作っていれば売れないし、値引きを要求されます。また、海外の安い商品に太刀打ちできず、企業は、町の発明家のアイデア(ヒット商品)を望んでおります。
     発明家は、アイデアのみでお金がないため、企業にアイデアの採用を依頼することになります。企業と対等な立場で契約するには、まず、特許出願書の発明者の欄は、発明した者の名前を当然書きますが、その欄は発明者に権利は一切ありません。発明者は、出願人(権利)の欄に自分の名前を書いて初めて権利が主張できます。出願人(権利)の欄は、企業を信用して任せてはいけません。
    対等な立場で契約するためには、出願人(権利)の欄は、自分の名前を書き、その後の特許の審査請求・登録などは、契約にもよりますが、採用する企業で行ってもらうようにお願いします。
     また、企業でも、ヒットする商品の大事な特許については、個人に任せるよりも企業で管理するのが安心感があるため必要不可欠になります。
    発明家が、特許出願人(権利)の欄に自分の名前を書かず、そのため権利が発生せず、せっかく契約したのに後で一方的電話で、契約の解除と言われてもどうにもならず、大手企業だからと安心してはいけません。


◆サイトのランキングをチェック、順位を調べます。
あなたのサイト?



◆長いURLを短縮するツールです。

  • TinyURL.com
         サイトに跳んだら次のように入力(進む)して下さい。
 Enter a long URL to make tiny: 
.       ここに長いURLを入力          Make TinyURL !

.            ↑ここに長いURLを入力      ↑ボタンを押す

.         ↓短縮になった、URLが表示される。

http://   短縮になった、URL
Opwn in new windou                         

コピペしてお使い下さい。   


◆グーグル・ツールバー  

Google

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional